織った人、縫った人、袖を通した人たちの想いと時間を感じながら、
新しい容へとリメイクしています

ようこそ、ゲスト様

ペンを もとめて2021.04.07

 


刻印入りのボールペン、購入しました♪ (花梨の木)

今、文房具に興味持っている息子が春休みにどうしても本店で購入したいと言い出して、木曽路まで行ってきました。
そこは知る人ぞ知るの有名な工房で、1日3組の完全予約制。ネット販売もあるのですが、販売が始まるとサーバーが落ちるほど集中するので購入がなかなかできないとのこと。実際、予約する時も息子と二人30分ほど電話をかけ続てラッキーにも繋がったという感じでした。

その貴重な訪問時、制作のあれこれ話を伺っていたら1組2時間の枠はあっという間に過ぎてしまい、私は早々に購入を決めていたのですが息子はぎりぎりまで悩み、マニアにとっては2時間は短いようでした。

木曽は木工品、お皿や器が有名ですが、なぜここはペンシルなんですかと聞いてみたら、先代の方が大きいものではなく手の中に収まるものを新たに作っていこうとなりこのペンシルの枠づくりとなったそうです。今ではペン先やノック部分もオリジナルで唯一無二のものづくりをしっかりと見せてもらうことが出来ました。

***********

春の木曽路

カテゴリー:うさぎのつぶやき

◆グラデーション
◆ステンドグラス
◆パッチワーク
これらがお気に入り
文様をパズルのように組み合わせて ♪
パターンのパーツもパズルの如く ♪
◇色
◇模様
◇フォルムの
絶妙なるハーモニーを求めて