織った人、縫った人、袖を通した人たちの想いと時間を感じながら、
新しい容へとリメイクしています

ようこそ、ゲスト様

【新作】バタフライスカート2点、できました。2015.11.27

赤のチェックが可愛い「シャンタンA」sold out

両側に銘仙の羽が付いた「バタフライスカート」。
バタフライスカートは、
巻きスカート風のギャザースカートに
両脇に飾り布をはさんであります。
この飾り布が動きによって
さまざまに表情が変わって楽しめる一枚です。
羽の表と裏は違う銘仙を使っているので、
一見「これどうなってるの?」となるんですが、
基本はシンプルなギャザースカートです。
このひらひらは、真横でなくても、
少しまわして体の前に持ってきても素敵です。
今回は、フォーマルっぽく仕上げたかったので、
ドレスや舞台衣装にも用いられる
バックサテンシャンタンの黒で作りました。
クリスマスパーティーや年末年始のイベントに
ぴったりの華やかさ♪

落ち着いた色調でまとめた「シャンタンB」sold out

ご購入ご希望の方は、恐れ入りますが、
トップページの「お問い合わせ」からメールでご連絡くださいませ。
送料無料にてお届けいたします!

お支払い方法はゆうちょ口座へのお振込のみとなります。
カード払いやコンビニ払いをご希望のお客さまは、
iichiからお求めくださいませ。
※実店舗または当ホームページでの販売を優先させていただきます。
販売済みの作品はiichiへは出品できませんのでご了承くださいませ。
◆販売価格/各18,000円(税・送料込み)
◆素材/絹(銘仙古布)、ポリエステル(バックサテンシャンタン)
◆フリーサイズ/総丈約74cm、ウエスト約64cm(ゴム)
◆お手入れは絹のお洋服と同様です。おしゃれ着用洗剤をご使用になり、軽く手で押し洗いしてください。 脱水にかける場合はごく短い時間でお願いします。
◆アイロンは中温で、当て布をしてください。
◆古布は縫製の前に洗濯をし状態を確認していますが、目立たない程度の折り目、針穴、繕いあと、シミなどがあります。古いものにご理解のない方、細かい点を気になさる方はご遠慮くださいませ。

サイドポケット1か所あり。

生地違いはこちら→http://usagi-8gatu.petit.cc/banana/2480048
ご注文お待ちしています。(麻) ◆八月のうさぎshophttp://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi

カテゴリー:お知らせ

高倉美保さんのこと2015.11.23

今年の夏、「銘仙Tシャツ」https://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi/collection/Y1833932を作ってくださった高倉美保さんは、
布で人形や小物を作る作家さん。
地元のイベントで出会い、店に作品を預けていただけないかと、
私からお願いしたのは5年ほど前。
メチャクチャ個性的なので、好き嫌いは分かれるだろうけど、
「一度見たら忘れられない」のは誰もが認めるはず。
もちろんご本人も強烈な方で・・・
という話は今日は書かないことにするけど(笑)
私が一番驚いたのは、高倉さんのプロフィール。
「どこで勉強されたんですか?」と聞いたら
「どこでもしてません!」
美術や服飾の学校を出ているわけじゃないので、
プロフィールを聞かれるといつも困ると。
しかも、生まれ育った岡谷を離れたことがないという。
すごい・・・天才ってこういう人のことなんだ。
その高倉さんが、インテリア雑誌『ELLE DECOR』12月号に
出ています!なんと「ミナ ペルホネン」の皆川明さんに誘われて
一緒にお仕事をすることになったのです!
それにともなって、当分こちらの仕事はできないということになり、
・・・とても残念だけれど、高倉さんの才能を信じて、
応援してきた者として、それはそれは嬉しいニュースだった。
岡谷で暮らして、いったいどこで見つけてくるのか、
いつも面白い生地を使って作品づくりをしていた高倉さんに、
銘仙で何かを作ってもらうのは前々から思い描いてたことだった。
それがようやく銘仙Tシャツで形になった。
もしかしたら、最初で最後になってしまったけれど・・・

ハチャメチャで楽しい高倉さん、
じつはとても謙虚で誠実でナイーブな方・・・
その人となりが伝わってくる温かいコメントが出ています。
(画像をクリックすると拡大します。)
本当に嬉しくて・・・自分のことのように
自慢してしまう私をお許しください。(麻)
◆八月のうさぎshophttp://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi

カテゴリー:うさぎのつぶやき

見知らぬ土地で2015.11.19

『先日の襟巻は見ても大好きな色合わせですが、鏡の前で思わず鼻歌がでて、
スキップしたくなるような高揚した気持ちになり、ビックリしました。
グレーの方を巻き、横のところ半分くらい銘仙のところを見せて結ぶとすごくステキ!!
今度写真に撮ってお送りしたいくらいです。』
お客さまのひとり「じゅんこさん」から嬉しいメールをいただいた。
よかったらお写真見せてください、とお願いしたら、
快く撮って送ってくださった。
私は普段は対面販売で、面識のないお客さまから
実際にお写真をいただくのは初めての経験。
自分たちの手から生まれたものが
見知らぬ土地で、その方の暮らしや気持ちに溶け込んでいる。
それはとても幸せでワクワクすることだった。
それに、こんなふうに使ってもらっているんだと知ることは勉強になる。
じゅんこさん、ありがとうございました。
これからも自分らしく素敵に楽しんでくださいませ♪

私もマネしてみた♪(麻)
◆八月のうさぎshophttp://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi

カテゴリー:うさぎのつぶやき

  • 1
  • 2

アトリエラパン デザイナー 小野 恵美子

◆グラデーション
◆ステンドグラス
◆パッチワーク
これらがお気に入り
文様をパズルのように組み合わせて ♪
パターンのパーツもパズルの如く ♪
◇色
◇模様
◇フォルムの
絶妙なるハーモニーを求めて