織った人、縫った人、袖を通した人たちの想いと時間を感じながら、
新しい容へとリメイクしています

ようこそ、ゲスト様

「ポールスミス展で うさぎを見る」2016.06.29

仕事仲間の方から
先のDior展と、ポールスミス展は
観といたらいいよと言われ
続いて行ってきました。
いきなり
うさぎのオンパレード!
今日のブログは、オタッキーです!
あくまでも、八月のうさぎ的アンテナに
触れたところをご紹介します♫

★オフィスを再現されている展示★

図録によると、スミス氏曰く
「ウサギを触ったら幸運に恵まれたと言ったことがあって、
 そうしたらウサギが次々と舞い込むようになった」 とのこと。
なのであちこちにウサギが登場しているのです。
上記の写真だけでなく
うさぎや様々な動物、昆虫、植物、おもちゃ・・・がいっぱい。
あらゆるものからインスピレーションを
得られていることが伺えます。

ユニークなかまきり

壁一面にボタンが貼り詰められている

そして、お仕事モードも・・・♪
天井からつるされているパターン。
カラフルな紙を使用しているのは
何ともにくいあんちきしょう(笑)
仕事に使う紙は白だけでは
ないんだよ。
ちょっとした遊び心が、いい。
様々な、パンツパターンたち。
日本向けのコレクションライン。
(知らなかった)
ビジネスがあってこそですが
日本からのインスピレーションは
大きかったのでしょうか・・。
心地よい充電でした。(恵)
 
7/18まで、京都国立近代美術館。
その後、東京~名古屋と続きます。
◆八月のうさぎshop http://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi

カテゴリー:うさぎのつぶやき

「今日の銘仙」2016.06.23

事務的な用事と用事の合間に
いつもの着物店の近くを通るので立ち寄ってみた。
お店の人とは顔なじみなので
黙って差し出してもらったこの銘仙。
桔梗かな。
秋の七草のひとつらしいけど、開花は夏。
今の花。
気忙しい中での清涼剤に出会いました。(恵)
◆八月のうさぎshop http://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi

カテゴリー:銘仙

「ル・テアトル・ディオール」   Le Théâtre Dior2016.06.20

ドールハウスのサイズで再現されたディオールの世界を観に行ってきました。
ミニチュアの洋服やストーリーに沿った背景と、流れている音楽の臨場感。
ミニチュアだからこその 見応えある展示でした。

ランウェイをまるで歩いているかのような場面

淡いピンクから鮮やかな赤までのグラデーションはルージュを表現。手前には実物の口紅が敷き詰められている。

細部まで実物と同じ。裏地はもちろん付いている。

ミニチュア作成の様子。
花のひとつひとつの制作まで実物のまま。
何より、ミニチュアにしてのバランスが実物と同じように表現されているのが圧巻。
当然と言ったら当然なんでしょうが、人を惹きつける力は言葉になりません。
梅田阪急では今月25日(土)まで開催です。(恵)
◆八月のうさぎshop http://www.iichi.com/shop/8gatu-usagi

カテゴリー:うさぎのつぶやき

  • 1
  • 2

アトリエラパン デザイナー 小野 恵美子

◆グラデーション
◆ステンドグラス
◆パッチワーク
これらがお気に入り
文様をパズルのように組み合わせて ♪
パターンのパーツもパズルの如く ♪
◇色
◇模様
◇フォルムの
絶妙なるハーモニーを求めて