織った人、縫った人、袖を通した人たちの想いと時間を感じながら、
新しい容へとリメイクしています

ようこそ、ゲスト様

「 鰻で、乾杯〜! 」2018.07.30

おかげさまで、長野滞在中に
ネット販売開始から 4年目を迎えました
今年はラッキーにも二人一緒にいるので
美味しいものをと、即合意♬
今は便利なアプリがあるので探してみたら
宿泊場所近くに鰻処を発見!
イベント終了後だったので
お店に到着したのは閉店間際
予約をしていなかったし
お店はもう、片付け頃でしたのに
火(炭火)を落とされてなかったので
「 どうぞ〜! 」と快く招いてくださり
その後は身(腹)も心も隅々まで
ウナギパワーを充電!!してもらいました
初めて白焼きをいただきましたが
虜になるお味でした★彡

◆ 今まで4年の間
おつきあいくださり
ありがとうございました!
7月も終盤
いよいよ私たちの生まれ月、
8月に突入です
また、新たな一年を歩んで参ります!

カテゴリー:うさぎのつぶやき

「 須坂クラシック美術館 」長野にて2018.07.27

本題前に、、、
こちら、須坂クラシック美術館の
中にある奥座敷のガラス戸
いきなり話はすっ飛びますが
入った途端 このガラス戸に
一目惚れしてしまいましたーー!




《 須坂クラシック美術館 》

須坂は長野市に隣接
明治から昭和にかけて
生糸の町として栄えたそうです
ここの屋敷は、明治初期に建てられ
現在は有形文化財に指定されています
入口右手は2階建て土蔵でして
展示室になっています
この屋敷は、明治・大正・昭和の三世代にわたり
その時々の勢いある氏たちが譲り受け
当時では珍しいガラスをはじめ
贅沢で凝った造りを屋敷内に施されました
平成に入り、屋敷の保存運動と共に
日本画家の岡信孝氏がこの屋敷への感動と想いから
彼のコレクションを中心に
大正〜昭和の着物、ガラス等が展示される美術館として
開館されたそうです
そんな歴史があったとは、つゆ知らず
銘仙が沢山保存されている美術館という
認識のみで訪れた私たちでしたが…
古き良きものを大切に残していこうという意気込み
でも、取りこんでしまうのではなく
オープンに、手に取れるほどの距離で
今の人たちにも愉しんでもらいたい
そんな想いを感じました



◆ 銘仙コレクション ◆

さぁて! 年2回、
大広間で銘仙含む着物の虫干しが開催されます
右側の写真は絵ハガキからその様子
これを見て、憧れていました!
今も憧れています♡
いつの日か、訪れたい行事です

カテゴリー:うさぎのつぶやき

「 信州ハンドクラフトフェスタ♬ 」 スナップ写真2018.07.15

オリンピック記念館 エムウェーブにて

何と! 自動車 in 搬入

トレーラーも入ってるよ!!

ステンレスの巨大昆虫オブジェも参加!

さあ!始まりました〜♪

いらっしゃいませー!

新作 ✴︎羽衣ブラウス✴︎

新作 ✴︎銘仙リボン✴︎

うさぎたち♡

銘仙纏ってのお迎えです♪

カテゴリー:イベント日記

  • 1
  • 2

アトリエラパン デザイナー 小野 恵美子

◆グラデーション
◆ステンドグラス
◆パッチワーク
これらがお気に入り
文様をパズルのように組み合わせて ♪
パターンのパーツもパズルの如く ♪
◇色
◇模様
◇フォルムの
絶妙なるハーモニーを求めて