織った人、縫った人、袖を通した人たちの想いと時間を感じながら、
新しい容へとリメイクしています

ようこそ、ゲスト様

ドレスで纏う、播州織。 ~「アレンジDRESS」展のお知らせ~2021.09.30

ドレスで纏う、播州織。


「アレンジDRESS」展を10月8日~10日に開催いたします
もう一つのテーマが
モザイクドレス

*******

モザイクドレスとはパーツを寄せ合わせた
名の通りのドレスです
かねてからオリジナルで織ってもらっていた
上質な綿素材の色違いを少しずつ集め、それを
パッチワークのようにして、シルエットドレスが仕上がりました


そして
その綿素材にプラスしてラメ糸が一定ではなく、
ランダムに入っている新素材を
この個展のために開発(してもらいました)

ラメ糸をランダムに入れるために
「アレンジワインダー」というデザイン性豊かな
糸作りを可能とする機械装置を用いて
現代版の紬のような表情に仕上がりました
・・それは播州で織られています

そのキラッと光る一片もモザイクにあてはめて♪

*******

銘仙がその時代で作られている最中、
新しい技法が果敢に開発されていたという

今また、時代の様相が変化している時に
自身も果敢にチャレンジしていきたい
その想いと共に・・

ーーーーーーーーーーーーーーー

◎アレンジドレス展
◎2021年10月8日(金)~10日(日)
◎12:00~18:00
◎白商店 つくも
◎大阪府豊中市清風荘2-4-14

ーーーーーーーーーーーーーーー

カテゴリー:お知らせ商品説明

ドレスで纏う、銘仙の着物。 ~個展のお知らせ~2021.09.25

 ド レ ス で 纏 う 、銘 仙 の 着 物  。


来月、10月8日~10日に個展を開催いたします
テーマの一つが
着物リメイクワンピース

・・・・・・・

銘仙といえば斬新でカラフルな文様が魅力で、
花を中心に、動植物、山・海の自然、抽象柄と多岐にわたっています

大正末期からの銘仙は当時の様相を担い、
世界的に流行だったアールデコの明快な色彩と
平面的な構成をスムーズに銘仙の意匠に取り入れ
さらには「解し織(ほぐしおり)」という
新しい技法も開発され、それまでとは
一線を画す新しい着物ジャンルが確立、
そして、
昭和初期には空前の銘仙全盛期となったのでした

・・・・・・・

そんな歴史のある銘仙は、
今見ても力強さを感じます
前身頃中央にほどこした銘仙は存在感たっぷりで
純粋にそのパワーと、技術の多彩さが伝わるドレスになりました

ーーーーーーーーーーーーーーー

◎アレンジドレス展
◎2021年10月8日(金)~10日(日)
◎12:00~18:00
◎白商店 つくも
◎大阪府豊中市清風荘2-4-14

ーーーーーーーーーーーーーーー

カテゴリー:銘仙お知らせ

明日の【十五夜会】2021.09.18


ぎりぎり明日のお知らせになりますが、
十五夜をテーマにしたイベントを開催いたします

 


今回は30~50代の年代が集まり、
どこか相通じるメンバー6人グループ展です

◎デイリー使いに温かみある木工芸
◎お寺のろうそくをリユースして作られたろうそく
◎自然な造形をそのまま使用されての吹きガラス
◎里山の植物を集めてのリースやアレンジメント
◎オリジナルにブレンドされた紅茶、和紅茶

 

◆2021年9月19日(日)
◆12:00~18:00
◆白商店 大阪府豊中市清風荘2-4-14

 

 

カテゴリー:お知らせ

◆グラデーション
◆ステンドグラス
◆パッチワーク
これらがお気に入り
文様をパズルのように組み合わせて ♪
パターンのパーツもパズルの如く ♪
◇色
◇模様
◇フォルムの
絶妙なるハーモニーを求めて

アーカイブ